農薬・化学肥料等使用表示基準

当店の
農薬・化学肥料等
使用表示基準
化学合成農薬
使っていない
3年以上
使っていない
3年以内



使っていない
3年以上
無農薬・
無化学肥料表示
減農薬・
無化学肥料表示
使っていない
3年以内
無農薬・
減化学肥料表示

減農薬・減化学肥料表示

無農薬野菜のための天然肥料をつくっています。
自然発酵させてつくられた生きた肥料です。
天然肥料は管理も必要ですが、安全のためにがんばっています。

堆肥は草木・馬糞・牛糞・豚糞を原材料としたものを投入し、土作りから年数をかけ連作をしません。
管理・防除は木酢液・微生物、資材・漢方資材を使用しての無農薬が基本です。
1年2年では出来ません。
長い畑は10年、短い畑でも5年は改良を重ねて作った土です。

 

無農薬野菜Q&A

   
特別栽培とは? 「減農薬」「無農薬」の表現を一括して、農林水産省が表現するように決めている名称です。

これに違反すると、30万以下の罰則金が付きます。
しかし、消費者にはまだまだ浸透しておらず、大変複雑にわかりにくくしてしまっているとの批判が多いのが現状です。
無農薬とは? 農薬を使用しないで栽培された農産物

生産者が自分の栽培履歴を作成し、農薬は使用していない立証し、栽培している野菜を言います。
昔の日本人が先祖代々食べていた野菜を称して言います。
また、化学肥料を使わず、堆肥などの有機肥料を使用しています。
JAS有機とは?

有機質肥料と、農林水産省で認められいる農薬を使用して栽培された農産物

農水省のガイドラインでは、野菜の場合2年間、農薬や化学肥料を全く使わない農場で栽培された農作物。

平成12年のJAS法改正により認証を受けないと、「JAS有機」というマークをつけられなくなりました。
その認証には、膨大な事務作業と経費がかかるため、本当に有機栽培や農薬を使用せずに栽培したにも関わらず、あえて認証を受けない生産者の方も多いとか。
「JAS有機」の認証を受けていても、無農薬の野菜もあります。

減農薬とは?

主に虫の防除や病気の予防ののため、農薬を最低限使用し栽培された農作物

果物・ヤマトイモ・サツマイモ・きゅうりなどは、基本的に農薬使用しないと栽培が難しいと言われています。
はにーびーでは、農薬の使用回数を減らしたり、希釈をしてできるだけ薄めて使用したり、酸性水や有機肥料などの力を借りて、できるだけ農薬の使用を減らす努力をされている生産者の作物を取扱っております。
生産者さんに直接お会いし、畑を見学させていただいて確認をしております。


はにー★びーの基準

当店は 『(特別栽培)無農薬栽培・有機栽培・減農薬栽培』 
これに限り販売しています。


↑ ページの上部へ